プロフィール

りんごっこ

Author:りんごっこ
奈良でラフターヨガをやっています。マイペースに簡単な活動内容を綴っていきます♪
ホームページは、リンクを参照してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

りんごっこ日記
9月18日(月) 特別養護老人ホームらくじ苑
  奈良市八条町の特別養護老人ホームで、ラフターヨガを実施しました。

 敬老の日のイベントのなかでラフターヨガを行ないたいとお話があり、ご入居様に喜んでいただけるものと捉えていただいた事をとても嬉しく思いました。人数が80名以上でしたので、それぞれご入居者様40名程のラフターヨガを午前と午後で行いました。


 🌸特養の施設の皆様に馴染みやすいセッションを考えて組み立てました。“笑いの灰ラフター”や“桃太郎ラフター”は予想通り皆様笑顔元気良く動かれました。特に、“🍑桃太郎ラフター”は歌を必ず歌えるので、声と動作をしっかり合わせて動かす事が出来て、いつも楽しい雰囲気を出してくれるセッションです。やはり、とても喜んで頂き、盛り上がりましたね〜😉

民謡は簡単な振り付けのものを踊りました。座っていても盆踊りのイメージを持って頂き、手足を動かせる範囲で行います。初めから無理と思わず、できる事は何かを考えると結構楽しめるものを見出せるものですね。
 1曲を通して踊ることにより、ご入居者様が振り付けをだんだん理解していき、最後には達成感を味わう事が出来るので、最後まで踊りきりました。

  ヤッターヤッター イェーイで皆様と目と目を合わせて、とても盛り上がる事が出来、最高に楽しめました。😊

 出来れば、日常的に笑っていただくことが理想と思っています。
 車椅子に座って笑う事で、ストレスを発散し、運動になり、健康に良いのですから、ラフターヨガは、ご入居者様にもにピッタリなものといつも感じているからです‼😄
 
 介護施設の職員の方で少しでも興味のある方がおられたら、是非一緒にやってみませんか?ご連絡あれば、嬉しく思います。
 そして、このような機会をいただきまして本当にありがとうございました。



スポンサーサイト
3月20日(月) らくじ苑学園前
 初めて訪問した学園前駅近くのデイサービスです新しい施設の中で十数名の皆様が参加されました。ラフターヨガが初めての方ばかりでしたが、とても楽しみにしておられたとの事です口角を上げる良さ、笑いの効果、深呼吸の意味など話すととても真剣に聞いて下さいました。「むずかしい~」という声がちらりと聞こえましたが、セッションが進むにつれてイエーイで目と目を合わせられるようになりました。

 ひな祭りの歌を一緒に歌いながら手でもリズムを取りましたが、皆様完璧に出来て、驚くほどでした。また、“肩なでラフター”では、殆どの皆様が『ありがとう、ありがとう』と声をかけてくださいました。何故か、ボランティアで訪問してセッションをする度に、この言葉を聞かせて頂きます。これは魔法のセッションとも言えるほどの共通性を感じます。

 最後に“1日笑いヨガ体験の修了証書を授与ラフター”をする時は、職員の方によるバックミュージックのおかげもあって、とても良い雰囲気になり、ほんとうに修了証書があるのと変わりない真剣さを感じられ、厳粛な気持ちになりました。皆様ありがとうございました

 また、ほめカードの言葉が心に残った様子で、「これもらえるの?」「良い言葉が書いてありますね」と話されていました。

 初めの様子からはすっかり変わって 表情がほぐれ、なごやかなお顔になって終わることが出来ました。私も笑顔を頂き、皆様に感謝いたします。
10月10日(月) ケアハウスらくじ苑
「体育の日なのでラフターヨガをやって頂きたい」との依頼があり、大変嬉しく感じました。
ラフターヨガは笑うことでストレス発散ができる他に血流が良くなり、運動と同じ効果があるのです。ラフターヨガを良く理解して頂けていると喜んだ次第です。デイサービスに来られている25名の皆様との楽しいひとときです。

 いつもより短めの1時間で実施しましたが、音楽と指遊びつきのラフターを多く取り入れたところ、どれも好評で、楽しみながら出来たと思います。特に、“ドングリころころラフター”の手を変えていくところでは、「間違っていいんですよ~。間違ったら楽しんで笑えばいいんですよ~」と話したとき、大爆笑でした。その一言で皆が笑顔になり、楽しめたように思います。
 また、“ドンパン節ラフター”は少しだけ速めにして試みてみました。すると、ちょっとのりのりになる事が出来たのです。最後は皆様に喜んで頂けたと感じることが出来ました。「どれもやったことのないものばかりだった」「また来てね」と声を掛けて頂き、私も楽しく終えることができました。ありがとうございました。いつもいつも、終わるときには皆様から元気を頂き、感謝いたします

 

6月13日(月)ケアハウスらくじ苑
 久し振りに、デイサービスセンターらくじ苑に通っておられる皆様とのラフターヨガです。
 『ラフターヨガの笑いは、自分が楽しむ笑いであること、人を笑う笑いではないこと』を伝えました。

 まずは、顔がこわばらないように顔の体操をして、次に身体の体操として“桃太郎ラフター”を行い、スムーズに始まりでした。
 “自己紹介ラフタ-”では、子どもの頃の呼び名を思い出していただき、「◯◯ちゃんと呼ばれていました」と紹介していただきました。不思議な事に、昔の呼び名を言う時は、どの方も笑顔になる事が出来るのです。懐かしさが溢れるのでしょうね〜。この様子を見られた職員からは、「いいですね」と大好評でした。

 今回は大人数という事もあり、全員で一緒に見ながら動くセッションを多くしました。“カタツムリラフター”や“キャベツの歌”、“サンマの開きラフター”など、歌やリズムのあるものを取り入れました。男性の方で、大きな声で歌ってくださる方がおられ、励まされる思いでした。

 
 1時間30分と長めの時間でしたが、皆様とてもお元気で、最後までしっかり声を出してくださいました。前半と後半に分けたのですが、それぞれが短く感じられ、あっという間に終わりました。皆様、ご協力ほんとうにありがとうございました。 喜びを伝え、喜んで頂くことがまた、私の喜びとなっておりますほんとうに感謝いたします。

4月18日(月) シニア青春倶楽部
 デイサービスに通われている皆様とのラフターヨガです。今回は皆様が幼い頃に呼ばれていた名前を思い出していただきました。皆様、やはり ○○ちゃん・○○君で呼ばれていた方が多く、名札を付けるだけで、ずいぶん楽しい雰囲気になり、ラフターヨガの子ども心に返るという気持ちにつながりやすく感じました。この名前で自己紹介していただいたり、ほめ言葉を言ったりすると、自然と笑顔になっていきました
お元気な方が多く、歌や踊りにとても良く反応され、最後の“イワシの開きラフター”ではとても盛り上がる事が出来ました。


 数日後に、職員の方が身ぶりを復習され、皆んなで“イワシの開きラフター”を真似してみて、大変喜ばれたとの事、本当に嬉しく思います。
 更に半月後には、続きを創作した方がおられるとの情報が入りました。何と素晴らしい

 その時だけでなく、継続して笑う事が更に健康に良い事なので、私のめざすラフターヨガに向かっていると思えて、思い出すだけで、私も笑顔になります。
皆様本当にありがとうございました。